おへそグループのイメージ

楽しみ、 考え、 認める、 「個」育て。

FUN TO GROW UP
  • Facebook
  • アクセス

佐賀市のおへそ「水ヶ江」「白山」の文教区。
教育施設が多く立ち並ぶ、この場所で取り組むのは
育てる場所ではなく、育つ場所をつくること。

自ら考え、自ら学び、自ら行動する力が育ち、
ひとりひとりの魅力を伸ばす場所を目指しています。
楽しみ、考え、認める。

3つの目標を掲げ、自主性を大事にした「」を行います。

イラスト

おへそグループの保育

イラスト

0〜5歳の子どもたちの「保育園」「こども園」「企業主導型保育園」はもちろん、
支援が必要な子どものための「発達教育スクール」、
1〜6年生までを対象とした、自身でプログラムを決める「学道場」と、保育内容は多岐に渡ります。

一貫した保育を実施しているからこそできる、おへそグループの「子育て」。
年齢ごとの定員や対象区分等についての詳細は、入園案内をご覧ください。

イラスト
  • おへそ保育園

    小規模認可園おへそ保育園

    0〜2歳児の子ども

    0歳~2歳児をお預かりする、18名定員のアットホームな小規模認可保育園です。

    一人の保育スタッフが担当する子どもの数が少ないため、ひとりひとりの子どもの発達に応じた手厚く質の高い保育を行うことができます。

  • おへそこども園

    幼保連携型認定こども園おへそこども園

    0〜5歳児の子ども

    2017年度に新たに開園した教育・保育を一体的に行う施設。幼稚園と保育所の両方の良さをあわせ持つのが特徴です。

    1号認定は保護者が働いているかどうかに関わらず利用でき、保護者の就労状況が変化した場合でも、通い慣れた園を継続して利用できることが大きな特長です。

  • おへそつながり

    企業主導型保育園おへそつながり

    0〜5歳児の子ども

    連携先企業で働く方のお子さんや、また地域のお子さんも受け入れが可能な保育施設です。小規模認可園や認定こども園と異なり、園側に園児の受け入れの決定権があります。
    「おへそこども園」の園庭を共有する形で隣接しているので、日常的に合同保育が可能です。おへそこども園と同じ保育プログラムで運営します。

  • おへそこどもスタジオ

    こども発達教育スクールおへそこどもスタジオ

    支援が必要な子ども

    日常生活における基本的動作の指導、生活に必要な知識や技能の付与、また、集団生活へ適応できるようになる為の児童発達支援施設です。

    満3歳児以上の知的障がい、発達障がい、自閉症、ADHD、ダウン症、学習障がい等のお子さんが対象となり、他園やおへそグループの園に通いながらの通所も可能です。

学道場

1~6年生が対象

学道場

自分で選んだ、人生を学ぶ場所

子どもたち自らが話し合い、ルールを考え実践します。学道場ではみんなが「学道場の運営者」の一人です。主体的に考え、アイデアを行動に移し、共に自分たちの場所を良くしていきます。学道場に通う子どもたちは、様々な経験を通して、互いを尊重し、認め合い、切磋琢磨することを通じ、絆の強い仲間へと成長していきます。

イラスト イラスト イラスト イラスト
イラスト イラスト イラスト

大人にも子どもにも魅力の園舎 ARCHITECT DESIGN

子育てを行う上で環境はとても大切。

おへそグループの園舎は至る所に様々な仕掛けを用意。子どもだけでなく、大人も楽しめる園舎作りを行っています。

例えばエントランスにあるカフェは、保護者同士のコミュニケーションが図れる場所。そして、走り回れるほど広々とした保育室や、トイレトレーニングが楽しくなる賑やかで使いやすいトイレなど。

上記は、一例ですが、毎日親子で通う場所として、少しでも安らぎや交流の場として活用いただけることを願っています。

園舎のイメージ
園舎のイメージ
園舎のイメージ
園舎のイメージ
イラスト
園舎のイメージ 園舎のイメージ

お知らせ

緊急事態宣言に関わる当法人の対応について(第一報 R2.4.17)

保護者様

この度、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」に関する報道があっており、ご心配な保護者様もいらっしゃることと思います。

おへそグループの今後の対応に関しては行政からの指示に添いながら判断してまいります。

対応内容が決定次第、随時コドモンでお知らせさせていただきますので、必ずご確認お願い申し上げます。

現時点(R2.4.17)で決定している対応は下記の通りとなります。

【園内の対応について】

●課外教室(空手・そろばん・フラ・スイミング)の休講

緊急事態宣言期間のすべての課外教室は休講いたします。

(本日のそろばんより休講となります)

●インスタグラムでの活動紹介を中断

今後、コロナウイルス対応に関する協議及び環境構成、清掃強化、職員体制の変動等が想定されるため、職員の負担軽減を鑑み、緊急事態宣言期間中はインスタグラムの更新を中断いたします。

●園内の集団で行う以下のカリキュラムについて縮小

(幼児)

空手

体育

ECC

哲学対話

ミュージック

(小学生)

論語の授業

そろばん

おへそのわ(4月27日行事開催予定分)

なお、本日(R2.4.17)より空手は実施しておりません。楽しみにしていただいていた子どもたち並びに保護者様、次回をお楽しみにお待ちいただければ幸いです。

【保護者様へのお願いについて】

ご理解とご協力をお願いいたします。

・登園前に必ずお子様も保護者様も検温をお願い致します。なお、検温時に 37.5 度以上ある場合は登 園をお控え下さい。

・咳がひどい、ゼーゼーしている等、発熱以外の症状が強く見られる方も登園をお控え下さい。

・送迎の際はマスクの着用をお願い致します。なお、マスクの着用がない場合は、エントランスや教室 前でのお引渡しにご協力ください。

エントランスにアルコール、次亜塩素酸水を設置しておりますので、園に入られる際は手指の消毒をお願いします。

・県外へのお出かけは可能な限り自粛をお願いいたします。また、お仕事等であっても県外への出勤、 出張等された保護者様は、可能な限り送り迎えはお控えください。

・コロナウイルス感染者と接触があった場合や、接触したかもしれず、登園が迷われる場合は園にご連絡いただき情報提供をお願いいたします。

今後もコドモンのご確認を宜しくお願いいたします。

おへそグループ

おへそグループ 新型コロナウイルス感染者の市内発生に伴う対応について

【おへそグループ 新型コロナウイルス感染者の市内発生に伴う対応について】

令和2年3月13日に、佐賀市在住者に新型コロナウイルス感染者が発生いたしました。現在も保護者様に感染拡大防止策にご協力をいただいておりますが、今後は、これまで以上に感染拡大防止策をとることが必要になってまいります。

おへそグループでは、下記内容のご協力を保護者様にお願いしております。

・登園前の体温測定の徹底をお願いします
・発熱や咳鼻水の症状がある場合には登園をお控えください
・3歳児以上の園児・児童はできる限りマスク着用をお願いします
・保護者様も送迎の際はできる限りマスク着用をお願います
・入室前に園児保護者共に必ず玄関で手指消毒をお願いします
・登園前に必ず検温していただき37.5℃以上の場合は登園をお控えください
・体温が37.5℃以上または咳鼻水の症状がある場合はご連絡させていただきますので1時間以内のお迎えをお願いいたします
・感染リスク軽減のためご家庭での保育や早い時間のお迎えなどが可能な場合はご検討ください
・感染症対策の為保育予定が変更となる場合もございますことをご了承ください
・園児とその同居家族・職員に感染者が出た場合は即時全員お迎えのお願いをさせていただきます。常にご連絡ができるようお願いいたします
・緊急時はコドモンでお知らせしますので確認をお願いいたします

園内では以下の対策を行っています
・入室時の消毒
・野外活動の制限
・給食バイキング・クッキングなどの自粛
・手洗いの強化や部屋の喚起
・おもちゃなどの消毒の強化
・職員のマスク着用と検温

以上、宜しくお願い申し上げます。

おへそグループ統括園長

にじ組さんの「世界のゴミ問題」への取り組みがNHKニュースに取り上げられました。

これまでの年長にじ組さんの国際理解「世界の海のゴミ問題」の様子をNHK佐賀様に取材していただきました。

ニュースを以下リンクよりご覧いただけます。

動画はこちら(期間限定のため、リンクが切れている可能性がございます)

「子どもから大人が学び、大人から子どもが学び、子ども同士が学び合い、職員同士が学び合う」おへそグループの在り方 後半

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]様に取材していただいています。前半・後半、2回に分けて掲載されます。

 

「子どもから大人が学び、大人から子どもが学び、子ども同士が学び合い、職員同士が学び合う」おへそグループの在り方

後半ーhttps://hoiclue.jp/800010684.html